海鮮せんべい・えびせんべいなら製造工場直売のえびせん家族ネット通販

ハロウィンの伝統的な食べ物は?日本ではどんな食べ物が好まれるのか?

ハロウィンの伝統的な食べ物は?日本ではどんな食べ物が好まれるのか?

ハロウィンとは、秋の収穫を祝い、悪霊を退治する行事です。ハロウィンは、毎年10月31日に行われています。

また、ハロウィンの時期になると、家や外でハロウィンパーティーをする人も少なくありません。どうせパーティーをするなら、ハロウィンにちなんだ料理を食べたいものですよね。では、本場の伝統料理、日本ではどんなものがハロウィンでよく食べられているのでしょうか?これからパーティーをする予定のある方は、気になるところですよね。

そこで今回の記事では、ハロウィンの伝統的な食べ物と、日本でよく食べられている食べ物をご紹介します。

ハロウィンとは?

ハロウィンの始まりは、アイルラインドに住む古代ケルト人が10月31日に開催していた「サ―ウィン」という祭が起源と言われています。サーウィンは、ケルト人にとって先祖の霊の供養、さらにこの世の悪霊を追い出すために仮面をかぶるお祭りです。ハロウィンでかぼちゃのお面を被ったりするのも、サーウィンで仮面を被っていたからかもしれませんね。

また、ハロウィンが10月31日に行われるのも、サーウィンが行われていた日がこの日であることからと言われています。ハロウィンの発祥地を「アメリカ」と思っている日本人は多いですが、実は古代ケルト人が住んでいたとされるアイルランドが発祥であると言われています。

ハロウィンにオススメの食べ物とは?日本やアメリカでとくに食べられている食材は?

ハロウィンの本場の伝統料理によると、秋の季節に収穫される食材を使うことが多いようです。秋の収穫物のなかでも、アメリカや日本でとくに多く食べられているのが「かぼちゃ」です。

また、古代ケルト人が住んでいたとされるアイルランドでは、じゃがいもを主食としていたことから「じゃがいも」を使った料理もよく食べられているようです。

ハロウィンの食材を使って、どんな料理を作るのがオススメ?

編集長、もうすぐハロウィンですよね。今度、家でハロウィンパーティーをすることになったのですが、何を作ったらいいのかわからず困っています。

ハロウィンといえばかぼちゃだから、かぼちゃを使った料理を作るのがいいかも。

でも、かぼちゃの料理って煮物とかしか作ったことないんですよね。煮物だと、どうしてもパーティー感は出ないと思いますし……。

じゃあ、かぼちゃをレンジでチンをしてふかして、マヨネーズとクリームチーズを入れて混ぜてみては?そこに茹でたブロッコリーやベーコンなどを入れれば、簡単にオシャレなかぼちゃのサラダができるよ。

なるほど。それなら、パーティーに出しても大丈夫そうですよね!

サラダ以外にも、簡単にできるハロウィンレシピをいくつかご紹介します。

じゃがいもで出来るケーキ!ポクスティ

(材料)

じゃがいも…6個

塩、コショウ、サラダ油…少々

ポクスティは、アイルランドの郷土料理です。じゃがいもだけで作れるため、日本で行われるハロウィンパーティーでもオススメです。

まず、じゃがいも3つをすりおろし、残り3つを鍋で茹でてつぶします。そして、これらを混ぜ合わせ、塩、コショウで味付けをし、フライパンにサラダ油を入れて焼いていきます。すると、パンケーキのようなじゃがいもケーキの出来上がりです。

かぼちゃのポタージュ

かぼちゃのポタージュ

https://www.photo-ac.com

引用:写真AC

(材料)

かぼちゃ…1/4個

小麦粉…小さじ2

牛乳…400cc

バター、コンソメ、塩コショウ…少々

かぼちゃ料理でも、ポタージュは海外、日本でも広く愛されている料理です。作り方も簡単なので「あともう一品」という時も助かる一品と言えるでしょう。

まず、細かく切ったかぼちゃを皿に移し、水をかけてランプしてレンジで約4~5分チンします。その後、柔らかくなったかぼちゃを潰し、なめらかになったら小麦粉を入れて混ぜます。

さらに牛乳を100ccほど入れ、馴染ませたら残りの牛乳も混ぜ合わせます。最後に弱火~中火にかけ、沸騰させないように温めたら出来上がりです。

まとめ

ハロウィンの季節になると、日本でも至るところでパーティーやイベントが行われるようになります。また、小さなお子さんのいる家庭では、子どもたちを喜ばせるためにハロウィンパーティーを自宅で開催する家もあるのではないでしょうか?

上記で紹介したハロウィンレシピは、簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみて下さいね。とくにかぼちゃサラダは、そのまま冷蔵庫に保存しておけばお弁当に持って行くのにも便利です。

みなさんも、ハロウィン料理を楽しんで、家族、友達、子ども、恋人など大切な人達と共に、楽しいひとときを過ごしてくださいね。

The following two tabs change content below.
アバター

久美子

子供の頃、3時のおやつと言えば海老煎餅の三河地方で育って27年。すっかり海老煎餅のとりこになってしまった入社5年目の新人ライター。そんな私がえびせん家族に就職したら、ライターに任命されてしまった。 三河地方の情報とえびせん家族の人気商品等どんどん発信していきますよー。 編集長と二人三脚で頑張りますっ!