海鮮せんべい・えびせんべいなら製造工場直売のえびせん家族ネット通販

敬老の日:貰って喜ばれる贈り物ランキング(70代祖父母編)

敬老の日:貰って喜ばれる贈り物ランキング(70代祖父母編)

敬老の日は毎年9月の第三月曜日です。2019年は、9月16日が敬老の日です。敬老の日にお爺ちゃん、お婆ちゃんに何をあげたらいいのか悩む人も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、敬老の日に貰って喜ばれる贈り物ランキングを「70代祖父母編」としてご紹介します。

敬老の日の由来とは?

敬老の日は「社会に長年尽くしてきた老人を敬い、長寿を祝う」ということを目的とした祝日です。昭和23年に祝日法として制定され、家族など身近な年長者を敬って健康を祈る日とされています。また、この「敬老の日」は日本だけではなく、アメリカ、カナダ、中国など世界でも行われています。

一般的には、息子や娘がお爺ちゃんお婆ちゃんに何かを渡すというよりは、「孫から」プレゼントを渡すことが多いようです。

敬老の日は、いつから?

敬老の日のお祝いをはじめる年齢は基本的には定められていないものの、最近は定年退職後、もしくは70代、孫が生まれてからというタイミングではじめる人が多いようです。

ただ、いくつになっても若々しくいるためにジム通いをしたり、アンチエイジングに務めている人も少なくありません。そういった場合は、敬老の日としてお祝いするとかえって嫌がられる可能性があるので、お爺ちゃんお婆ちゃんの性格なども把握してからお祝いするといいでしょう。

敬老の日に貰って喜ばれる贈り物ランキング

編集長、もうすぐ敬老の日なので祖母にプレゼントしようと思うのですが、何を渡したらいいかわからなくて。

お婆ちゃんはいくつ?

75歳です。70代が喜ぶ贈り物が、さっぱり思い浮かばなくて困っています。

75歳です。70代が喜ぶ贈り物が、さっぱり思い浮かばなくて困っています。

なるほど。でも、お婆ちゃんが総入れ歯、さらに糖尿病なんですよね。甘い物はちょっと。

では、お花なんかはどうかな?

お花、いいですね。それなら嫌がられないかも。

お年よりの方の趣味、欲しいものは、一緒に住んでいる、もしくは聞いてみないとわからないものです。もし聞ける距離にいるのであれば、それとなく聞いてから渡すといいでしょう。しかし、離れて住んでいる人の方が現代では多いのではないでしょうか?そこで、プレゼントの参考にするためにも70代のお年寄りに喜ばれる贈り物ランキングを紹介します。

5位 花束

渡す人を選ばない花束は、女性にとくに喜ばれます。花束は、お花屋さんで「敬老の日向けに」と伝えれば素敵な花束を作ってもらえます。花束には、感謝の気持ちを込めた手紙も入れておきましょう。きっと、お婆ちゃんもあなたの気持ちのこもった贈り物と手紙に感涙すること間違いありません。

4位 お酒

渡す人が男性の場合は、日本酒などお酒も喜ばれます。最近では、ボトルのラベルに名前をいれることができるサービスを提供しているお酒もあります。お爺ちゃんの名前を入れた世界でひとつだけのお酒を渡せば、きっと喜んでもらえることでしょう。

ただ、肝臓を傷めているなど持病がないか確認した上で渡すようにしましょう。

3位 手作りのもの

ハンドメイドを得意とする女性は、手作りのバッグやお財布などをお爺ちゃん、お婆ちゃんに渡すのも素敵です。絵が上手いなら、似顔絵もいいですね。気持ちのこもったプレゼントに、きっと喜んでもらえるはず!

2位 健康食品

70代になると、健康に気を使う人が増えていきます。お酢ドリンクや甘酒など、お爺ちゃんお婆ちゃんの体に優しい食品をプレゼントし、さらに手紙に「いつまでも元気でいてね」という言葉を添えましょう。

1位 お食事券

年金生活のなかには、外食もままならない人も少なくありません。とくに国民年金だと、貰える額もかなり少ないもの。そこで、時には気晴らしができるようにと、お食事券をプレゼントしてみましょう。できれば、お爺ちゃん、お婆ちゃんが好きなお店のお食事券を渡すようにすると、さらに喜ばれます。

まとめ

お年を召した方のプレゼントは、食品だと体のことも気になるため何を渡したらいいのかわからない人は多いかもしれません。そんな時は、普段からお爺ちゃんお婆ちゃんが通っているお店のお食事券、花束など無難なものを渡すのが得策です。

また、お爺ちゃんが普段からお酒が好きで飲んでいるのであれば、お酒をプレゼントするのもいいでしょう。さらに手作りが得意なら、ハンドメイドの品をプレゼントするのも素敵です。みなさんも、敬老の日に素敵なプレゼントをお爺ちゃん、お婆ちゃんに渡して喜んでもらいましょう。

The following two tabs change content below.
アバター

久美子

子供の頃、3時のおやつと言えば海老煎餅の三河地方で育って27年。すっかり海老煎餅のとりこになってしまった入社5年目の新人ライター。そんな私がえびせん家族に就職したら、ライターに任命されてしまった。 三河地方の情報とえびせん家族の人気商品等どんどん発信していきますよー。 編集長と二人三脚で頑張りますっ!