海鮮せんべい・えびせんべいなら製造工場直売のえびせん家族ネット通販

帰省の手土産:喜ばれる手土産ランキング(岐阜帰省編)

帰省の手土産:喜ばれる手土産ランキング(岐阜帰省編)

みなさんは、今年の年末に実家、もしくは配偶者の実家に帰省する予定はありますか?そこで悩むのが、実家に戻る時に家族に渡す手土産について。とくに配偶者の実家の場合は、相手の両親があなたのマナーをチェックしている可能性もあるため、慎重に選びたいところ。

そこで今回の記事では、実家(もしくは配偶者の実家)岐阜県の場合に「帰省の手土産」として喜ばれる商品のランキングを紹介させて頂きます。実家、もしくは配偶者の実家に戻る予定がある方で、何をもっていけばいいのか悩んでいる方は参考にして下さいませ。

手土産の相場とは?

手土産の相場は、実家、配偶者の実家など渡す相手によって異なります。とくに配偶者の実家に手土産を渡す時は、相場を参考にして選び、失礼のないようにしましょう。

手土産の相場は、義理の両親に渡す場合は2~5,000円位と言われています。高すぎても相手に気を使わせてしまいますし、安すぎても失礼に当たるので、大体このあたりの金額に抑えておくようにしましょう。

岐阜帰省編!喜ばれる手土産ランキング

編集長、今年の年末からお正月にかけて親戚の家に遊びに行く予定があります。数日泊まる予定なので、何か手土産を渡そうと考えています。でも、親戚の家に泊まるのは初めてなので、何を持って行けばいいのか悩んでいます。

無難な手土産なら、お菓子かなと思う。親戚の方の好きな食べ物はわかる?

それが、親戚の好きな食べ物がわからないんです。親戚とはたまにしか会わないので。親戚の実家は岐阜なので、栗きんとんや大福だと川上屋の栗きんとんや、養老軒のフルーツ大福など既に名物があります。洋菓子も、シェシバタの本店があります。そのため、下手なお菓子を渡したところで名店のお菓子と比べられてしまうのではないかと思うと、何を渡せばいいのかわかりません……。

じゃあ、あえてお菓子じゃないものでもいいかも。たとえば、お酒とか。

うーん。実は、親戚はお酒が飲めないんです……。

じゃあ、栗きんとん、大福、洋菓子以外のお菓子ということで、おせんべいとかもいいかも。家族みんなで食べられるし、日持ちもするしね。

おせんべい……、なるほど。いいかもしれませんね!

年末からお正月にかけての手土産は、親戚一同が揃いやすい時期でもあるので、家族みんなでワイワイテーブルを囲んで食べられるものだと喜ばれる可能性が高いです。

それでは、具体的にどのような手土産がこの時期に喜ばれるのでしょうか?次に、岐阜帰省編として喜ばれる手土産ランキングを紹介します。

5位 クラフトビールのギフト

ビール、お酒好きな人に人気のクラフトビール。

クラフトビールは香りを楽しめるビールも多く、若い女性にも人気があります。ビンや缶もオシャレでかわいいデザインのものが多く、きっと受け取り側も喜ぶこと間違いありません。

4位 ういろう

老若男女問わず人気が高いのが、ういろうのお土産。とくに人気が高いのが、名古屋名物「青柳ういろう」。甘すぎず、固すぎず。食べやすい口当たりのういろうなので、渡す相手を選びません。

3位 赤福

東海地方で人気の高い赤福は、岐阜県民にも人気があります。なお赤福本店は伊勢ですが、名駅、三重県にある近鉄線の駅でも購入可能です。

なお大福といえば、岐阜県ならフルーツがたくさん入った「ふるーつ大福」が有ですが、渡し相手が高齢者であれば、赤福のようなシンプルな大福の方が食べやすく喜ばれることでしょう。

2位 おせんべい

こたつに入って、家族でパリパリ美味しく食べられると人気なのが、おせんべいのギフト。歯が弱い高齢者が、もしくは小さなお子さんがいる家族に渡す場合は、なるべく小さめサイズで薄く柔らかい歯ごたえのおせんべいを選ぶようにしましょう。

1位 ハム、ソーセージのギフト

映えあるナンバーワンは、冬のギフトとして人気の高いハムやソーセージのギフトです。

とくに個人的にオススメなのが、三重県伊賀の里にあるモクモクファームのソーセージとハムのギフト。なお、商品の購入は現地に行かなくとも、モクモク直販というインターネットサイトにて購入可能です。

まとめ

年末年始の手土産であれば、家族が最も集まる時期であるため、なるべくみんなで食べられるものが喜ばれやすいです。

とくに、こたつにみんなで入って美味しく食べられそうなおせんべい、ういろう、赤福や、ご飯のお伴としても出しやすいハム、ソーセージは年末年始の手土産として大変人気があります。ただ、食べ物のお土産に関しては好き嫌いがあるため、渡す前に事前に「食べ物は、なにが好きか」「食べられないものは無いか」をリサーチしておくと安心ですよ。

The following two tabs change content below.
アバター

久美子

子供の頃、3時のおやつと言えば海老煎餅の三河地方で育って27年。すっかり海老煎餅のとりこになってしまった入社5年目の新人ライター。そんな私がえびせん家族に就職したら、ライターに任命されてしまった。 三河地方の情報とえびせん家族の人気商品等どんどん発信していきますよー。 編集長と二人三脚で頑張りますっ!